?>
アンティーク買取体験記
外国風景

高い骨董品の特徴とは?タイプ別に見る骨董品の価値

掛け軸や絵画が王道

骨董品は掛け軸に茶道具、刀剣などが該当しますが、全てが全て等しい価値を持っているわけではありません。骨董品の中でも高い値が付きやすい種類もあれば、そうでもない場合もあります。特に高値で買い取られることの多いのが、掛け軸や絵画です。掛け軸や絵画は作家がわかりやすく、中には数千万円で取引されることもあります。もちろんそこまでの値が付くことは稀ですが、可能性が全く無いわけではありません。もしも掛け軸あるいは絵画を所有している場合、どこかにサインが残されていないか確認してみましょう。そのサインから年代や作者を特定することが可能なので、事前に作品の相場を調べられます。

有名な作家や素材による骨董品

その作品に特別な事情がない限りは、基本的に有名な作家が作成した骨董品ほど高く売れる計算になります。一般的にはあまり知られていなくても、骨董品マニアの中では名が通っている作家も多いため、知らない作家が作成した骨董品を見つけても落胆する必要はありません。今は簡単にネット検索で作者について調べられます。その他の高額買取に繋がる条件としては、金など高額買取されている素材で構成された骨董品などが挙げられます。代表的な骨董品で言えば、古銭や大判小判が該当するでしょう。特に大判小判は、素材である金の価値に加えて歴史的な価値が加わります。同じサイズの金貨と比較してかなりの値が付くことも珍しくないので、状態に関わらず一度は査定を通して値段を確認してみましょう。