?>
アンティーク買取体験記
外国風景

骨董品における贋作の見分け方とは?高い骨董品を見極めるために

素人でも真贋を見分けられる?

骨董品は非常に贋作が多く、本物と贋作を並べても素人目には判断付かないこともありえます。そんな骨董品の世界ですが、鑑定士ほどでなくてもある程度贋作に目星を付けることは可能です。買取前に贋作をある程度確認する作業で役立ちますし、これから骨董品を購入する上であからさまな贋作を避ける手助けにもなるでしょう。例えば、精巧に作られすぎている骨董品は要注意です。骨董品など芸術の世界では、多少の歪みも芸術の一部として認識されており、その歪みが全く無い骨董品は贋作の可能性が高まります。もちろん、かなり精巧な骨董品も中にはありますが、これから購入するにあたってはリスクの高い代物です。また、素人でも作品にサインが付いているかどうかは簡単に確認できます。サインがあれば作家物の可能性が高まるので、買取りに出す価値が生まれます。

プリント品を見分ける

正直なところ、陶器や絵画の贋作を見分けるのは、専門的な知識を持っていない以上難しいことも事実です。しかし、掛け軸では稀に絵がプリントしてあるタイプの贋作も出回っており、最低限そうした贋作は見抜けるようにしておきましょう。プリントかどうかを見分けるには、触ってみるとわかりやすく、多少凹凸があると本物の可能性が高まります。また、プリントして間もない掛け軸はインク臭が漂うことがあります。和紙の香りが全く漂ってこなかったりと、プリントされた贋作は他の贋作と比較してもわかりやすいので、一度チェックしておきましょう。